おふくろさまより愛をこめて

mmmpa ふとしです。誠実なプログラミングを心がけたい。

外出時作業用にサブディスプレイを買った

Diginnos (amazon リンク)

8.9 inch のバッテリー駆動する、WUXGA (1920x1200) で表示できるディスプレイです。14,580 円で小型ディスプレイとしては安い部類に入ると思います。

結構どぎつい色が出ます。わたしは目が弱いので常に輝度を下げて使っているせいもあるんですが、デフォルトの表示ではかなり目が痛くなりました。現状ではコントラスト 0、輝度 10 の設定で落ち着いています (輝度はデフォルト値ですが、コントラストを下げると明度も下がっているようで、輝度をいじる必要はありませんでした)

精細

8.9 inch で WUXGA なので 254 ppi です。これはかなりこまかくて、ターミナルに設定していた 9 pt の文字を読むのはちょっと厳しい。高精細なのでアンチエイリアスがかかった文字が綺麗に見えますから、適当に文字サイズを上げることで解決できました。

まとめ

コードはメインのディスプレイで書くとして、簡単な画面確認やターミナルにおけるファイル watch からの自動動作のログを流しておく分には十分使える感触です。そしてそれがサブディスプレイをほしかった理由なので、この買い物は概ね正解だったと言えます。

バッテリーの持ちについては確認していませんが、電源を使えない場所での使用は考えてないので考慮に入っていません。